あなたに伝わる屋形船の魅力

アルコールハラスメント

屋形船を利用する方の多くは、アルコールを摂取します。しかし、アルコールを飲むと、「酔い」が回ってきます。アルコールハラスメント(通称、アルハラ)とは、その「酔い」のために、他人に各種迷惑行為やなどの社会的なトラブルを行うことや、酒を飲めない人、いわゆる下戸の人(アルコールの解毒能力が弱く、急性アルコール中毒に陥り易い人)にアルコール類を強要する事を指します。日本ではアルコールハラスメントによる死亡者が出たために、1980年代に、急速に問題視され始めました。

この問題に関係している、日本の代表的な特定非営利活動法人アルコール薬物全国市民協会(ASK)はアルハラ行為は5つとしている。

1、飲酒の強要
2、一気飲ませ
3、意図的な酔いつぶし
4、飲めない人への配慮を欠くこと
5、酔った上での迷惑行為

※会社の上司等に勧められたとしても、断ることは悪くないことなので、無理だけはしないようにしましょう。

駅近、低料金で貸切パーティするならcafe-doceへ。サッカー観戦もやっているのでスポーツ好きの方も楽しめます。

アルコールとの付き合い

古くから酒類(アルコール類)はコミュニケーションとして用いられてきました。軽度の飲酒は気分を楽しくして人間関係を円滑にする、潤滑剤のような役目を担ってきましたが、度を過ぎて飲酒すると吐き気や眩暈といった、不快な症状を招き、また判断力を失うため、常軌を逸した行動を起こし、他の人に不快感を与えてしまいます。しかも、当人が常識の外にあるので、余計に事態を悪化させる場合があります。

また、急激に大量の酒を飲むことによって、急性アルコール中毒になり、市を招く場合もある。特に日本人は遺伝的に下戸が多く、約45%はいわゆる下戸で約5%の人は体質的に一切アルコール類を受け付けません。これらの人に、アルコールを強要することは「殺人行為」に等しいとされ、また、「酔った」からであったとしても「過失致死」となります。アルコールハラスメントに関する最も深刻な問題として認識されている。

そのため、酒を飲む人と飲まない人が宴席したいのであれば、以下の配慮に気をつける。

1、酒を飲む側は自分の適量を知り、常軌を逸しない程度に抑える
2、上下関係、伝統、暴力など、本来飲酒とは無関係な理由で飲酒を強要しない
3、体質液に飲めない人がいないのを理解し、飲めないことを理由に侮辱しない
4、飲酒を何かの芸であるかのように・自分が楽しむために、他人に飲酒を強要しない
5、一気飲みや一気飲ませの禁止

酒類はコミュニケーションツールとして人間関係の導入に用いられることが多く、特に歓迎会では酒を断る意思表示で場がしらけてしまうことを恐れて、酒を断ることが困難なケースもあります。そんな課題に対し、バッジやシールを配布し、それを使うことで意思表示をしようといったキャンペーンが毎年開催し、全国の大学620校にポスター、チラシとともに予防対策を促す要望書を送付している。

人は、酒を飲まなくても、楽しいと思えば自然に笑えることができる生き物です。そのため、酒の無理強いや酒を飲んで酔っ払うこと自体は、楽しいこととはあまり関係がありません。また美味しい料理と楽しい会話さえあれば、「場に酔っ払う」ことができるのも人の特徴でもあります。酒も出る席は確かに楽しいですが、酒で酔っ払い、そのために非常識な行為をして、他の人に不快な気分にさせるのだけは考えるべきです。

お酒を飲めないばかりに、飲み会で負い目を感じる必要はありません。酒を飲まなくとも楽しめる盛り上がれるものです。その場の雰囲気を明るくする。楽しい話をする。率先してやれることはいくらでもあります。その場の一員として酒を飲む人と同じように楽しむ権利があることを忘れないでください。

Favorite

Last update:2017/1/24