あなたに伝わる屋形船の魅力

宴会

飲食を共にすることでコミュニケーションを深めると言う目的で、行われるのが宴会です。人数も2人〜3人ではなく、ある程度のまとまった人数で行います。日本人はこの宴会が大好きな民族とされています。なんでもかんでも持ち上げて楽しむのが、日本人の考え方ではないでしょうか。クリスマスだってもとはキリストの誕生を祝って行うもの。それを恋人と過ごす日としてこのイベントを楽しむ当たり、無宗教の多い日本人だからこそかもしれません。楽しむときは楽しむ、盛り上がるときは盛り上がりましょう!

宴会では、大体の場合会社の同僚や大学のサークルなどのように、新年会、忘年会、歓迎会などいろいろな名目で行われます。最近では、コンパと言われることもあります。小規模の宴会は主に飲み屋で行われることが多く、その場では無礼講も許されるざっくばらんな場とされています。パーティーとの違いは、そういう所にあるでしょう。

屋形船

宴会でも屋形船を利用することもあります。屋形船とは和船と呼ばれる船の一種で、先のように宴会や食事を楽しむ物として、古くからいろんな場で利用されてきました。

その歴史も古く、平安時代には、あの現存する最古の歌集「万葉集」に詠われています。その頃は貴族の遊びなどに使用されていました。そんな屋形船の全盛期は江戸時代だったとされています。江戸は隅田川を中心とした川、堀を使った水上交通が発達していました。それによって江戸の文化、経済が栄えるようになりました。江戸の文化、経済がさらに発達するにつれて、武士や大名、裕福な町民、商人が屋形船遊びを行いました。そうなると、屋形船は江戸に限らず、日本全国で屋形船が誕生し、桜を眺めたり、俳句を読んだりなどして楽しむようになっていきました。

そんな屋形船の全盛期時代には、屋形船自体も豪華になって行きました。最初は定員20名くらいの物だけだったのですが、有力な大名などは締めの屋形船の豪華さを競い合い、そのため屋形船は次第に大型化していきました。船の大きさだけではなく、船内部も装飾も金、銀、漆に絵画などで豪華を極め手行きました。当時の屋形船では芸者衆と遊ぶことが一般的となり、『其美筆紙に尽くし難し』とまで言われたそうです。

長さ11間(1間は約1.8mなので、約19.8m)、幅3間(5.4m)、部屋数10もある大型船が作られたときには、あまりにも豪華すぎるので、幕府がついに動き出し、装飾や多きさに制限を加え始め、『遊山船金銀之紋、座敷之内絵書き申間敷事』ほど制限、禁令が出ることもあったと言われています。

屋形船は江戸幕府が倒れたあとも、風流な遊びとして明治、大正、昭和初期と、続いて楽しまれてきました。そんな屋形船に転機が訪れたのは、昭和20年代です。日本は第2次世界大戦、太平洋戦争に敗れたために、人々は屋形船で遊ぶ余裕がなくなり、また近年に入り東京の河川は水質汚染、コンクリートの殺風景な防壁が築かれたことにより、屋形船はほぼその姿を消してしまいました。屋形船は、日本が昭和時代末期のバブル景気により復活しました。バブル景気はバブル崩壊とともに失われましたが、屋形船は現代にも残りました。

Valuable information

フランチャイズ まつげエクステ

スワロフスキーを激安購入

美大 予備校

2018/4/27 更新